ドラム教室

叩けば鳴る楽器、ドラムスの楽しさを共有しましょう!

岡山晃久先生

岡山晃久先生【6007】
Okayama Akihisa

担当楽器:
ドラム パーカッション

体験レッスンはこちら

エリア

中央線 新宿~吉祥寺 市ヶ谷

レッスンワード

初心者歓迎 ジャズ ポップス ロック ルーディメンツ

先生通信
岡山晃久先生の先生通信はこちら


まずはドラムスの楽しみ方から、そして日常での練習方法まで、自分が持っているものなら何でも伝えて行きたいと思っています。
みなさんの持っているリズムを表現する手助けになれたらとても嬉しく思います。

カリキュラムは特にありません。みなさんの持っているものはひとりひとり違うと思いますので、一番合ったレッスンを行えるようにしたいと思っています。

一緒に楽しくステップアップしていきましょう!!

【講師プロフィール】
幼少時よりライブハウスなどで生の音楽に触れる機会が多く、学生時代より本格的に音楽活動を開始。

ドラムスを古澤良治朗氏、パーカッションを水野茂氏に師事。ジャズを中心に、ポップス、ロック、さらにはジャグスタイルやジプシー音楽、ベトナム民族楽器トルンや、ロシア民族楽器バラライカのオーケストラなど、多岐にわたる活動をドラムス、パーカッション双方で行っている。

また、自身としての活動の他にも、クラシックリサイタル、某テーマパークのショー出演、パーティーホールなどでの演奏など、様々な方面で現在も活躍中。

2007年
キワヤ商会主催「ウクレレコンテスト」ハッピー★ホッピーとしてパフォーマンス賞受賞

2009年
吉祥寺音楽祭 オーディエンス賞受賞

【主な共演アーティスト】
小栗久美子(日本トルン協会)、北川翔(北川記念ロシア民族楽器オーケストラ)、U900(イラストレータ木原庸介氏が描いたキャラクタが演奏するウクレレDuo)SwingHolic、A~YA、atsuko.、FreeCube、深澤友梨恵 FuncussionのサポートメンバーとしてELT、渡辺美里らと共演。

先生インタビュー

講習楽器: ドラム


Q1. 楽器を始めたきっかけは?

子供の時から聞く専門だったのですが、高校時代に吹奏楽部に入部したことがきっかけになりました。また、当時軽音楽部にドラマーが少なく、サポートをしていくうちにドラムスの魅力に惹かれてしまいました。


Q2. 講習楽器の魅力を教えてください

なんと言っても叩けば鳴る。そんなシンプルなところですね。シンプルだからこそ、その人の”個性”がでるような気がします。


Q3.おススメの教本、教材はありますか?

・Progressive steps to SYNCOPATION for the modern Drummer.
・All American Drummer.

この二冊は自分のお気に入りです。他にも本当にたくさんの素晴らしい教材はあります。

何よりも大事な教材は自分の好きな音楽ですね。そこから得られる物は、本とは比べ物にならないと思います。


Q4.レッスンを希望する生徒様へ一言お願いします

ドラムスは、触ってみなければ分からない不思議な魅力があります。楽しく、素敵に皆さんの中にあるリズムを表現できるようになるサポートをできたら嬉しいです。お会いできる時を楽しみにしています。

Progressive Steps to Syncopation for the Modern Drummer

新品価格
¥422から
(2012/4/10 23:30時点)

岡山晃久先生

ドラム教室 エリア詳細

駅名
新宿 中野 高円寺 阿佐ヶ谷 荻窪 西荻窪 吉祥寺
市ヶ谷

講師自宅併設
不可

出張レッスン(別途交通費要)
可能 (エリア応相談)

ドラム教室 岡山晃久先生【6007】体験レッスンはこちら

ドラム教室

エリア一覧